7月16日 あんな

あんな、にいちゃん。
人が、駅の構内で、必死で弁当を食べているときに、声かけたら、あかん。
何時に夕食を済ませるか、は、大きなテーマなんです。私ら。
仕事の時間が不規則やから。
で、夕食が9時になってしまったから、新幹線を待つまでの15分で、家から持ってきた野菜弁当を食べようとしてたわけ。
左手におにぎり。
右手にお箸。
口には、クレソン。
クレソンってな。
葉っぱ側から食べるのん難しいねん。
茎側から食べるねん。
ということはね。
口から葉っぱが生えてる状態なわけ。
口からクレソン生やしている女にね、「サインください」はないやろ。
クレソンくわえたまま返事したわ。
「今はね。食べてるからだめ」
そやのに、立ち去ってくれなかったね。
「〇〇時の新幹線ですか」
「そう。それまでに食べたいねん」
・・・クレソンくわえたままやで。
「写真・・・」
「ダメ。クレソン食べるから」
それで結局、あきらめてくれたけど、15分で食べきれへんかったやん。
中途半端に残った弁当もう一回抱えて改札通るのん、めんどくさいで。
あんね。にいちゃん。ビジネスマンのにいちゃん。
両手と口に食べ物をくわえている時にはね、私でなくても、声はかけたらあかんねん。
声かけられて、振り返った時、クレソンが口から咲いている姿を想像しただけで、タレントとして情けないわ。
そんなタレント、おるか?
一歩、家出ただけで、いろいろあるわ。。。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top