6月21日 心理学者

テレビのオファーが来た。
東京からだ。
「心理学者として・・・」と出演を問われる。
「私・・・心理学者ではありません。タレントです」と、答える。
「なぜ、私が誰かも知らず、オファーを?」と尋ねてみる。
「&%$#さんの紹介で」と、返事された。
「その&%$#さんというのは、芸人さんですか?」
「いえ、東京大手の制作会社です」
どっちもが、唖然、とした。
今、仕事をしているテレビ局が、いかに、私を理解してくれているかを知る。
東京からの電話では、「先生」と呼ばれた。
「私は、先生ではありません」と返事した。
関西テレビでは、「洋子ちゃん」と呼ばれる。
お茶をねだれる。
秘書室行って、雑誌もらう。
事業部行って、招待券ねだる。
各フロアをまわっているうちに電話がなる。
「洋子ちゃん、どこ!(怒)」
私の事務所のえらい人からだ。
遊んでばかりで、いつも、怒られる。
「洋子ちゃん、まだ?」
スタイリストさんからメール。
「洋子さーん」
メイクさんから。
「やっときた」
楽屋番のお姉さん。
「おはようございます」
目は怒っていて口は笑って、打ち合わせを待つスタッフ。
“先生”と呼ばれたら、誰も、きっと、怒ってくれない。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top