4年ぶり

4年前と、今回と、「ジキルとハイド」を観た。

俳優さんも、歌声も、作風も、悲しみも恐怖も愛も、小道具、大道具まで、全部進化していた。

歳月も国も超えて訴えかけるメッセージがあった。

また数年後か、いつか再演されることがあればまた観たい。

その時はどう見えるのだろう。

 

感動して休憩時間、化粧室に行った。

鏡に映る自分は・・・4年前より老けていた。

あれ?

自分は進化してなかった。。。

 

There are 2 comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top