2011年5月○日 おでこ③

ベッドサイドのガラステーブルは危険だから、できるだけ離れて眠りについた。
夜中、おでこの激痛でまた目が覚めた。
今度は眉間をテーブルの角で強打した。おでこの中央だ。
くそ。・・・くそ。と思いながら寝た。
明け方、またおでこの激痛で目が覚めた。
またおでこの中央だ。
1夜で2度だ!
いったいなぜクイーンサイズのベッドで、寝返りを打つたびに頭部がベッドからいちいち落ちるのだ。
頭部がベッドから落ちるから、サイドテーブルの角におでこがぶつかるんじゃないか。
じゃなにか?
一人寝で、キングサイズが必要か?
馬鹿な。
朝、青あざはもはや、おでこ全域に達していた。
死にたかった。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top