2011年 8月○日 お盆①

お盆に、堂島ロールを家に買って帰ってやろう、と、5本買った。
20人くらいいるだろうから、5本もあれば十分だ。
兄や兄嫁たちと、堂島ロールが切られて出てくるのを和室で待った。
「まだか、堂島ロール」と兄がせかす。
「お待たせ、堂島ロール」とキッチンから一人の兄嫁。
皿にスライスした一切れだけが寝かされて乗っている。
よく見ると、その一切れを角切りにしてサイコロ状にしてある。
それを指でつまみ、それぞれが一口、口に入れる。
・・・終わった。
「これだけかい!」と兄が怒る。
「もっとあるやろ」と私。
次に・・・一本のロールケーキを1センチほどにスライスしたものが出てきた。
持ち上げると、薄すぎて、中の生クリームは落ちて、ない。
中身のない輪っかだけのロールケーキを指でぶら下げ、
「もっと分厚く切らなあかんやろ!」と、長男の兄嫁。
長男の兄嫁がキッチンに入り、ようやく、フツーの堂島ロールが出てきた。
今だにわからない。
なぜ、最初の兄嫁は、堂島ロールを角切りにして出したのか。
「なぜ?・・・なぜ?」としつこく聞く私に、兄嫁は、
「まずはちょっと食べようと思っただけや!」と、蚊をはらうように私を追い払った。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

  • フジテレビ
    『バイキング』(火曜日準レギュラー12時から)
  • 日経ビジネスオンライン
    (各週の金曜掲載)
    『遙なるコンシェルジュ・男の悩み 女の嘆き』
  • 関西テレビ
    『胸いっぱいサミット』(土曜日12時から)
  • 関西テレビ『ピーチケパーチケ』
    不定期

 

アーカイブ

最近のコメント

top