2011年 6月○日 それでも電車②

今日は寄り道しない、と決めて、最寄の駅から家まで歩き始めた。
パラパラと雨が降ってきた。
「金は使わない」と、傘を買う気もなかった。
雨が強くなった。
「いったい何のためにタクシーをやめて電車にしたのか」と自分を叱咤激励して歩いた。
ドバドバの雨になった。
そんな時に信号が赤になって雨ざらしになった。
ふと横を見ると、同じく信号待ちしているタクシーじゃないか。
空車だ。
・・・・乗った。
なんのために全身濡れてまで電車を選んだのか。
・・・自分を責め続けた。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top