2011年 3月○日 テレビ見て、

地震の後は津波。だから避難。という言葉は、高齢者にはむなしい。
お年寄りはベッドから出るだけで10分かかる。
地方はそんなお年寄りだらけだったはずだ。
では、なぜそんな海辺の危険なところに住んだのか。
生活するためだ。
では、なぜそこにもっと危機意識の高いリーダーが高い頑強な避難用ビルを作らなかったか。
地方にはそんな予算がないからだ。
六本木ヒルズで悲劇は起きない。
悲劇は必ず貧しい地方で起きる。
耐えることに慣れた極寒の地の人々の、まだなお耐える表情が辛い。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top