2010年 8月○日  結婚式

バレエ仲間の結婚式。
新婦の挨拶で、バレエの先生にバレエ留学を勧めてもらい、バレリーナになった話を聞いた。
ピロンと高く足が上がるには、幼少期からの指導がいる。
もし・・・、と私は先生に聞いた。
「もし私が幼少期からバレエを習っていたら、先生は私に何を勧めましたか?」
バレエ留学か、ボリショイか、レニングラードか、はたまた宝塚受験か、と、ワクワクした。
そうね・・・、と先生は考え、答えた。
「通訳とかいいんじゃない?」
・・・やっぱり喋る仕事だ。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top