2009年12月□日 お引っ越し3

IHにむかつく。

「やっぱりガス」だ。

楽屋で衣装に着替えながらまだ愚痴る私にスタイリストが言った。

「洋子ちゃんはまだIHのすごさがわかっていない」

しかし、IHになってから私の食卓から焼き魚と焼きナスが消えた。。。

これが涙が出るほど悲しい、喪失感がある。

家でIHを愚痴ると兄嫁が言った。

「IHで電波が体を走るのがわかる」

他の兄嫁が言った。

「それは安物のIH。高物は電波など感じない」

ロフトで、焦げ目のできる魚焼きグッズが売っていた。

「これ買えば、お魚に焦げ目つきます?」

店員にそう聞きながら、涙が出そうになった。ガスが恋しい・・・。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top