あの

淡路島で有名な、ホテルアナガを初体験。
・・・寝坊した。
大阪で寝坊して、急いで淡路島へ行くっていう気持ち、わかる?
大阪で寝坊して、急いで天満に行く、とか、西宮に行く、とかじゃない。
淡路島に、寝坊してん。それも淡路島の最南端。
寝坊したらいつも迷う選択肢。
化粧をとるか、朝食をとるか。
食うほうをとった。
高級ホテル、あの、ホテルアナガでパーティ&仕事、に、寝坊だぞ!
この気持ち、わかる?
アクセル踏み続け、ノンストップで淡路島へ。
寝坊した講演日とかによくやる手として・・・
とりあえず現場近くにたどり着き、近所の喫茶店で、化粧してからシレ~っと現場入りする。っちゅーやつ。
あれ。
あれをしようと思った。
高速インター下りた。
すぐ、ホテルアナガだった。
そこには、海、があった。
・・・喫茶店、ないやん・・・。
・・・どこで化粧すんの・・・。
絶望を、潮風と日光があざ笑う。
大勢が出迎えてくださるのが見えている。
そこに、衣装も着ず、(急いでたので、衣装はクリーニング屋さんからピックアップしたまんまトランクの中)、
楽~な服で長距離運転をし、サングラスとマスク、だ。
ほぼ、ジャージ姿でサングラスとマスクで現場入りした講演会など、かつて経験したことない。
どーしょー。
どーしょー。
思ってたら、玄関に着いてしもたやんっ。
着くなりホテルマンが「お待ちしておりました」。
言われるなり、私。
「着かなかったことにして。私を見なかったことにして」
「かしこまりました」
ホテルマン、すごいね。
一流ホテルっちゅーのは、客がドロボーみたいな恰好で入っても、変身するまで隠してくれるねんから。
ブランドのボストンバックじゃなく、トランク開けたら、近所のクリーニング屋さんのビニール袋で、それ、運んでくれるねんから。
くどいようやけど、ジャージと、ビニール袋やで。
しつこいけど、一流ホテルやで。
化粧をした。
「ついた、っちゅーことにして」
「かしこまりました」
そして、主催者の方々と、ご挨拶。
もー、完璧。
100点!
到着するなり、「着かなかったことにして」が、理解できるホテルマンが日本に何人いるだろう。
世界でも、いるだろうか。
まだまだ知らんトップレベルっちゅーのがあるんやなぁ・・・。
家は出てみるもんや。

遙洋子

遙洋子

現在の仕事

 

 

アーカイブ

最近のコメント

top